2008年12月20日 (土)

忘年会

遅くまで飲み歩いているとやはり疲れます。ただ、ムードが沈みがちなチームを盛り上げるには食事会でも飲み会でも開いて(昔のように交際費で豪勢にとはいきませんが)、連帯感を高めるのは大切なことです。経費削減だと飲み会が減る、というのは本来であればおかしな話です。タダ酒でなければ会社の同僚とは飲む気がしない、という考え方には違和感を覚えますし、私の周りでは割り勘や上司のおごりなどで飲み会はこまめにやるようにしています。もちろん各自の懐具合もありますが、それは手段を選べばよい(高級料亭から安い居酒屋にするとか)のです。

これを読んだあなた、たまには町へ繰り出しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

忘年会のシーズンがやってきました

いろいろあった年ですが、残すところあと3週間となりました。年の前半はビジネス環境も良好でしたが、外需に助けられていただけの砂上の楼閣であったことも分かりました。念の後半は以下に自分たちが外的要因に左右されていたかを実感しました。戦後最長の好景気といわれてもなんとなく実感が沸かなかったのですが、終わってから分かるありがたさ、というところです。

さてそんな経済環境の中でも、職場の忘年会のシーズンはやってきます。今年はなににしようか思案中です。景気が悪いから節約しようとか、景気がいいから贅沢しようというのは、忘年会に関しては間違い。一年間ご苦労様でしたと皆がお互いを慰労しあい、来年も力を合わせてがんばりましょう、というのが趣旨ですから、例年にも増して心のこもった集まりにしたいところ。ただし先の健康診断で太りすぎといわれたメンバーが自分を含めて多いため、ヘルシーメニューで考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)