« かち続けるために(1) | トップページ | かち続けるために(3) »

2012年9月 2日 (日)

かち続けるために(2)

何かに追われるというのは、少なくとも自分自身が前にいる証左である。後ろとの距離がたくさんあるか僅差であるかは分からない。分からないながらも先に進み続けなければならないのが先駆者というものである。

MOTOROLA PHOTON™より送信されました。

|

« かち続けるために(1) | トップページ | かち続けるために(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111095/55452981

この記事へのトラックバック一覧です: かち続けるために(2):

« かち続けるために(1) | トップページ | かち続けるために(3) »