« 信頼の醸成(22) | トップページ | 信頼の醸成(24) »

2012年7月23日 (月)

信頼の醸成(23)

相手を試したり、責めたりすることで自分の存在意義を確かめる行為をしがちである。しかしこれは相手にとっては不愉快なことである場合が多いと思われる。大切な相手には心から尽くすという姿勢が当然であり、そのなかから自己の存在意義を自分で見いださなければならない。


MOTOROLA PHOTON™より送信されました。

|

« 信頼の醸成(22) | トップページ | 信頼の醸成(24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111095/55202819

この記事へのトラックバック一覧です: 信頼の醸成(23):

« 信頼の醸成(22) | トップページ | 信頼の醸成(24) »