« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

未来を切り拓くということ(31)

このテーマで1ヶ月が過ぎた。未来に向かって行動しているといろいろなことがある。そんなときに思い出したい銘である。いろいろと悩み抜いたであろう人から発せられる言葉は色褪せない。

苦しいこともあるだろう
云い度いこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣き度いこともあるだろう
これらをじっと
こらえていくのが
男の修行である
(山本五十六)
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

未来を切り拓くということ(30)

人間の意思はそんなに強くはない、という前提で物事を組み立てなければならないのは言うまでもない。ただしだからといって肝心なときに弱さが出てきては本末転倒であり、「強くない」という事を「弱い」にしてしまわないための自己のコントロールが重要である。意思のブレは迷いに繋がり、迷いは周囲に伝わる。よい意味での連鎖は力になるが負の連鎖は目標を遠のかせる。

BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

未来を切り拓くということ(29)

仕事というものはどうしても能力のあるところに集中する。集中するから訓練になり経験を積むことで能力が向上する。担当者や部署は大変であるがそれが自然な流れである。皆から愛され頼りにされるということはそういう事であるから、重責かもしれないが元気に頑張りたいし、頑張っている人は応援したい。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

未来を切り拓くということ(28)

なにかを一生懸命やっていると、必ず何らかの困難に直面する。なにも困難がないのは、目標が低すぎるのか、物事が動き始めていないかのどちらかである。まれに幸運とか偶然というものもあるが、あくまでも例外である。
さてこの困難を乗り越えることができる人とできない人の違いは、執念があるかどうかの違いといってよい。敗けを認めたときに敗北となる。諦めたときに挑戦は終わる。もちろん時間的制約はついて回るが、実はその時間制約出すら乗り越えることができる。つまり短期間で仕上げられなければ中断しなければならないようなテーマは残念ながらその程度の内容ということ。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

未来を切り拓くということ(27)

夢をかたりビジョンを実現する。
言葉で表現するとなんと耳障りがよく、口にすると爽快感が得られるフレーズである。最近は夢やビジョンよりも、どうやってカネを稼ぐかという方法に関心がいっている人たちが多い。組織はリーダーの人格と器を越えることはないという原則を考えると、どれだけ遠い夢を語れて、意思の強いビジョンを持ち続けられるかがポイントとなる。その上でいろいろな手法が手段として揃っているので、上手に組み合わせて物事を進めるのが大切である。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

未来を切り拓くということ(26)

肩の力を抜いて物事にあたることも必要である。変に力みすぎると思わぬところで失敗する可能性も出てくるし、長続きしないで途中で息切れしてしまうこともあるだろう。
継続は力なり。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

未来を切り拓くということ(25)

何かを始めようとすると、自分の回りの人々は次の3種類に別れてくる。これはこちらがそうしているのではなく、なかば自然発生的にそうなるのであるから、これも主体的に解決できる問題ではなく前提条件として受け入れるべき類いの話である。
さてその3種類とは、まず自分の力になってくれるグループ(薬)、支障を与えるグループ(毒)、そしてどちらにも属さないグループ(無関心)である。繰り返しになるが、この分類はこちらから決めつけレッテルを貼るものではなく、あくまでも周囲が自発的にそう振る舞い始めるのを、こちらが感じとるだけである。
さて自分が当事者ではない場合はどうか。世の中は多種多様であるから、結果的に無関心になっているのは不自然ではない。また幸運にも自分が誰かの薬になれて有意義な時間を過ごすことができればありがたい。逆に自分が誰かの毒になっていたとしたら、それは自分自身にとっても不幸であることを意味する。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

未来を切り拓くということ(24)

ある程度のスパンで物事を考えて進めていると、自分が主体的に進めることができない事象が発現することがままある。つまり、社会は自分だけの世界ではないので、周囲との関わりの中でコントロールできないこともあるし、むしろそちらの方が多いかもしれない。明らかなのは、どうしようもない事に悩んでも意味はないということであり、制約条件を前提条件にスイッチするような頭の切り替えがポイントとなり、究極的にはこれを楽しんで乗り越えられるようになれれば万全である。
まさに 七彩人生 微笑面對 である。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月23日 (火)

未来を切り拓くということ(23)

プロの流儀という言葉がある。本当にその道を極めた専門家がしている仕事を見ていると、自分もできるのではないかと思ってしまう人がいる。害悪である。
仕事を甘く見ているというだけでなく、プロフェッショナルの能力と努力を土足で踏みにじる行為である。遊びでやっているのであれば構わないが、時としてこの遊びが目的達成を妨げる場合もある。まさに悪貨が良貨を駆逐する状態であり、これでつまづいている組織やプロジェクトは多い。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

未来を切り拓くということ(22)

地上本没有路 走的人多了 也便成了路 
もともと道などない。そこをいく人が多くなれば、やがて道となるのだ。昔から真理は変わっていない。今日もそれを信じて精一杯すごそう。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

未来を切り拓くということ(21)

日々の変化は目に見えないかもしれないが、何日か、何十日かたってからスタート地点を振り返ってみると、確かに前に進んでいる。その繰り返しで着実に状況は改善していくのであるから、我慢強く粘り強く進めていくことが大切。毎日毎日の積み重ねがものを言う世界である。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

未来を切り拓くということ(20)

自信を持って始めた事であっても、時には不安になることもあるし、疑心暗鬼になることもある。迷うこともあれば、逃げたくなることもある。誰にでも当たり前のように襲いかかってくる。そんな不安をどう乗り越えるか。そもそも不安を乗り越えなければならないのか、乗り越えられるのか?
そんなときは仲間の存在が助けになることもあるし、目的意識を高く持つことで不安を打ち消すのも有効だろう。
忘れてならないのは、決して無理しない、焦らないことである。こういった不安な感情は時と場所を選ばずやって来るものであり、長く孤独な戦いを続けていく間には幾度となく遭遇するものである。したがって無理に打ち勝とうとせずうまく受け流していけるように自分の感情をコントロールするのがポイントである。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

未来を切り拓くということ(19)

物事を成し遂げるまでモチベーションを保ち続ける事は誰にとっても難しい。自分自身で決めて始めた事であってもそうなのだから、ましてや周囲でサポートしてくれている人々の気持ちたるや、言わずもがなである。モチベーションを保つのは各自の責任、という人たちもいる。ある意味で正しいものの見方であるが、こういう人たちに限って、物事を始める側の立場にいることが多く、ほとんどが「どうしてウチのメンバーは物事に積極的ではないのか」と思っているのではないか。
これこそがマネージメント不在による不幸の象徴である。
何をいっているかわからない、という人へのヒント。マネージャーとリーダーの違いは何か。

BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

未来を切り拓くということ(18)

忙しい日常を送っていると、どうしたことかこのままの状態が未来永劫続くのではないかという錯覚に陥ることがある。そしていつのまにかその錯覚が常識や思い込みになってしまい、変わる事に拒否反応を示したり、逆に将来の変化に対して恐れを抱くようになる。いわゆる思考の硬直化である。
時間は放っておいても自然に流れて行くものであるから、その流れが強いからといって背を向けたり怯えたりしても解決にはならない。
逆らうのではなく、ありのままを受け入れて謙虚に立ち向かっていけば、いずれ明るい展望が開けてくるはずである。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

未来を切り拓くということ(17)

競争社会で生きていくか、競争のないところで生きていくか。各々の考え方もあり、どちらが正しいとか有利であるとかといった話にはならない。どちらも大変なこともあれば嬉しいこともあるから、まずはどちらを選ぶかを決めなくてはならない。一番よくないのはどちらにするか決めないことである。世の中でまことしやかに言われている、どちらかに傾斜すると危ない、リスクマネージメントが重要、というモラトリアム的定石にのせられてはいけない。リスクヘッジという言葉に騙されてはいけない。リスクヘッジとは不確実性回避のためのコストをかけた行動であり、実はこのコストこそがくせ者である。つまりビジネスには自動車保険などとは違ってお金では購えないコストがある。それは何かといえば「時間」である。そしていつも、目に見えるお金(理屈上は、回し続ける限りお金は無限)に目がいってしまい、本来有限であるはずの時間をないがしろにすることで、タイミングを逸する場合が多々見受けられるのである。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

未来を切り拓くということ(16)

物事を達成しようと思うときに必要なことは、目的と目標とが明確になっていること、それを達成する手段を持っていること(知っているだけでは不十分)。物事を成功させようとする意思と多面性を持った客観的観察力も不可欠である。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

未来を切り拓くということ(15)

ルールに乗っ取った勝負は必要である。結果平等主義は勝負の辛さから逃げている甘えである一方で、時として勝負してはいけない物事、勝負させるべきではない人々を勝負に巻き込んでしまうことがある。世の中のすべての物事が勝負の対象となっているわけではないし、むしろ勝ち負けで優劣をつけるべきでない物事もたくさんある。
機会平等で勝負させるべき物事はどんどん勝負させ、そうでないことは徹底的に争いから遠ざけるために全力を尽くす必要がある。
状況が行き詰まると、してはいけない勝負が始まり、一方で本来は一生懸命やらなければならない勝負から逃げてしまう。まさに人間の弱さであり、そのようなときは得るものは少なく、失うものは圧倒的に多い。
過去の過ちは二度と繰り返してはならない。

BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

未来を切り拓くということ(14)

3月の地震で世の中の見方が変わったという人も多いと思う。大丈夫と思っていたことがそうではなかったり、永遠だと思っていたことが実ははかないものであったり。そもそも何のために働いているのか、人生をかけて何を後世に残せるのか。もっと根本的な問いかけとして、なんのために生きているのか。自分が持っているものと、自分がやりたいと思っている事のバランスシートを再認識した人も多いだろう。
目指す未来が先であるほど、望む理想が大きいほど、自分ひとりが持っているものだけでは辿りつくことはできない。いつかやればいいと考えていたことも、本当は今しかできないことかもしれない。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

未来を切り拓くということ(13)

時代待ち、という言葉がある。なかなか社会に受け入れられそうもないアイデアを自嘲気味に表現する場合に使われる言葉でもあるが、中には非常に先進的でユニークな着想もある。このような場合、ただ単に実現するための手段が未成熟だからといって、夢物語と切り捨ててしまうのではもったいない。時の流れは思ったより早いので、少し早すぎる着想に世間が追い付いてくるのもじきである、そう信じてしばらく頑張ってみるのもよいのではないか。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

未来を切り拓くということ(12)

まずは楷より始めよ。
どうもみんなコロンブス症候群に陥っているようだ。
国内マーケットよりも海外マーケット、国内製造よりも海外製造。自社技術よりもオープンイノベーション。
どちらが正しいかという議論や二者択一の論調が目につくようになってきた。浅はかである。どうしたらよいかという思考をおろそかにして、現状を変えることを重視しすぎている。「なにかをやった(変えた)」ということと、「何かができた(好転した)」ということは全く別物であるが、なぜかこの原則、は立場が上にいくほど徹底されていない。私が見てきた組織はほとんどがそう。変化は手段であり目的ではないのにもかかわらず、である。これが組織低迷の一因と考えている。
たとえば円高だから、電力不足だから、人件費が安いから。そこから見えるのは未来ではない。現状逃避の理由を社会の理由にして言い訳しているだけである。
変化は大事であるが、良くなることもあれば悪くなることもあるという普遍原理を忘れてはならない。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

未来を切り拓くということ(11)

例えば自分がこうだと閃いたことがあったとする。賛成や反対など色々と周囲の意見を聞いて思考しているうちに、いよいよこれはいいんじゃないか、という確信に変わる瞬間がある。
人がなにかを主張するときにはそんな何かしらの確信があるときが多い。それなりの思考を経て得られた確信は、いまのパラダイムでは理解できなくても将来の花開く可能性が大きい。そういう質のよい主張を見抜き、大切に育てていくことが成功に繋がる。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

未来を切り拓くということ(10)

(1)から(9)までは、まず私たちの未来のためにどういった考えを持つべきかを考察してみたので、これをまとめてみた。
物事を始めるにあたり、
・人類と社会に貢献すること。
・普遍性と持続性を持つこと。
・関わる人が幸せで前向きになれること。
を満たすことが大切である。誰でも歳を取るということを前提に、ビジョン、仲間、謙虚さと信念を持って物事にあたろう。当然ながらその間には世代間のバトンリレーもあるだろう。またタイミングもとても大切なので、リソース投入は投資と呼べるうちにしなければ時を逸する。
この一瞬を大切にすることが、未来に繋がっているということをしっかり認識しておく必要がある(c)。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

未来を切り拓くということ(9)

連綿と続く人類の営みのなかで、同じ時代に生まれて、いまこうやって同じ時間を過ごしている偶然。
二度と同じ時間は流れない。一瞬たりともその大切な時間を無駄にしてしまわないように。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

未来を切り拓くということ(8)

何をもって成功というかは別として、なにかを成し遂げようと思ったときに必要なプロセスはなにであろうか。
やみくもに進めてもいけないが、かといって考えているだけでもダメである。決めたことを地道にコツコツこなすこと。そして、たまには立ち止まって周りを見渡し、自分達がやってきたことを振りかえること。必要に応じて軌道修正する謙虚さと、信じた道は疑わない勇気。二面性をあわせ持つことが出来て初めて成功への道筋が見えてくるはず。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

未来を切り拓くということ(7)

結果を出すために先行投資でリソースを投入するか、結果が出せてからリソースを整えるか。なにか新しいことを始める場合はいつも悩む部分である。目処が立たないものに対して長期的なオーバーヘッドとなりうる設備投資や人員配置は厳しいが、それ以外であれば積極的に資金と時間を投入するのがよいと思う。
以前にも当ブログに書いたが、目処が無いものに金は出せないというのであれば、それは投資ではなく消費である。投資とはうまくいくかどうかわからないが、先行き期待できると確信できるものにリソースを投入し、成功の確率を高めるため最大限の努力をすること。
一方で、勝算なしに突っ込むのは事業ではなく賭け事であり、勝算がみえてきてから本格的にリソースを投入するべきという考えも正しい。
大切なのはリソース投入が投資と呼べるうちに実行する決断力である。判断が遅れ、消費としてリソースを投入せざるを得なくなった場合は、世の中の既製品を買わされるだけの話であり、これでは世の中をリードすることはできない。借り物、二番煎じで世の中渡っていこうと行動する者はいつまでたってもうだつが上がらないのである。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

未来を切り拓くということ(6)

そもそも定年までは元気に働いて、その後は悠々自適な人生を送ろうとする場合、本当にその先まで見越した生き方をしなければならないのだろうか。
例えばあと数年で定年退職する人が全員、10年先を本気で考えているだろうか。さすがに、「自分がいなくなったら残された人はどうなってもよい」、と考える人は少ないだろうが、大半の意見は「残った人たちでうまくやって欲しい」というのが正直なところではないだろうか。当然である。それは世代間のバトンリレーであり、そうしてもらわねば困る。

ベテラン社員の方々、いままでご苦労さまでした。皆さんの努力と苦労のお陰で今日があります。その思いを受け継ぎ、明日と未来は私たちが作り上げていきますので、どうか暖かく見守ってください。最初は心配で見ていられないかもしれませんが、よりよい未来のために頑張っていきますので応援してください。

こういえる若手がどれだけ残っているだろうか。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

未来を切り拓くということ(5)

自分一人が世の中を良くしようと考えても一人の力では限界もあるし、なによりその考えが正しいのかどうか検証するすべもないため独善的なものになる可能性がある。それを防ぎながらよりアイデアに磨きをかけ実現していくにはどうしたらいいだろうか。
まず1番目に必要なのは自分自身のビジョンであり、すべての目的がここに集約される。2番目に必要なのは精神的にも物理的にも協力しあえる仲間である。そして3番目に必要なのは周囲や環境に対して謙虚になる心である。
一番目と二番目が整っている人や組織はたくさん見るが、三番目まで揃っているとなると相当数は減ってくる。信念と称した独善と暴走は厄介であり時に迷惑。思いとアクセルとブレーキ、どれかが欠けても幸せにはなれそうもない。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

未来を切り拓くということ(4)

いまを生きる人間の価値をきちんと表に出していかねばならない。人として生を受け親や社会に育ててもらった自分が、社会に対してどう貢献できるのか考え行動しなければならない。誰として無駄な命や不必要な人間などはいないのだから、回りを活かす考え方も必要。
今の日本企業は新興国との競合と自国経済の縮小で自信と希望を失いつつあるように見える。そこで働く人々もしかり、である。しかしここでこの考え方を思い出して欲しい。日本人としての価値、自社の価値、自分達の社会の価値はどこにあるかを常に考え、それを実現していくこと。若い人たちであれば自分達の明るい未来と育ててくれた感謝のため、年配者であれば家族や若手の将来のため何をすればよいか。
世の中は自分達が始まりでもなく終わりでもない。先人たちが築き上げてきたものを後世に残すことが、今の人間の役割であることをいつも認識しておけば、自ずから行動はついてくると思う。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

未来を切り拓くということ(3)

まず、平均年齢が上がると何が起こるかを考える。その上で、解決の道筋を年齢以外に求められないか一つ一つ考えて実行していく必要がある。そうでなければ未来は自然現象にのみ支配されることになり、人が毎年歳を取り続けるという科学的事実を前に、手も足も出なくなってしまう。考えることを諦めて変えようのない現象に原因を帰結させようとするならば、もはや未来への改善は望めず、老いに任せるのみという状態しか残らない。
まずは、人は誰でも歳を取る、という当たり前の原則事象から思考をスタートするべきである。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

未来を切り拓くということ(2)

ずいぶん前から言われてきたことが現実に起きてしまっているのが現代社会であり、その社会の構成要素である会社もその例外ではない。誰もが望まない将来であって、しかも何年も前から指摘や警告をされていても避けられないことがある。例えば人は自分を含めだれもが歳をとるのであるから、若いメンバーが加わらず年長者が抜けないのであればなければ、平均年齢は上昇する。当たり前の科学的事実であり、なにもせずこれを避けるのは不可能といえる。これも何年も前から有識者が指摘してきた内容であり、誰もが仕方ないと思いつつも避けられるならば避けたいと思っていたことではないだろうか。

BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

未来を切り拓くということ(1)

社会が閉塞感に包まれるだけでなく、衰退感も漂い始めている現代社会において、組織の中でいわゆる中堅と呼ばれる自分達が、これから何をしていけばよいのか考えていこうと思う。
私は自己啓発など熱心ではないし、特に勉強をしてもいないので、何かを考えようとしてもフレームワークはない。ただ、自分達のやっていることが少しでも人の役にたっていること、将来にわたり持続性と普遍性を持つこと、関わるすべての人々が明るく前向きに幸せな生活を送れること、この3点は大切にしたい。
BlackBerry from DOCOMO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »