« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

宝くじ

ココログは親切なものでして、ブログネタというものを提供してくれます。普段はそのようなものにお世話にならなくても書きたいことがあるのですが、たまに何を書こうか考えても出て来ない日があります。そういった日はおとなしく休業すればよいのですが、それでも何か書いておこうというときには役立ちます。といっても、そのタイトルだけ見て中身は見たことがないので、ブログネタの記事と関係なかったらごめんなさい。

で、そのタイトルが、年末ジャンボ3億円あたったらどうするか、というもの。突っ込みどころ満載。そんなことあたってから考えればいい、とか、使い道を考えてからくじを購入すればいい、とかいった感じで。

まぁ買わなければ当選することもないので関係ないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

目標

目標とは掲げて努力することに価値があるということで、体重も年内78キロ、年度内73キロとしました。最終的には70キロで維持したいと思っています。最近成績が伸び悩んでいますが、初心に帰って精進したいと思います。達成時の自分へのご褒美を考えながらも、目的が健康維持にあるなら、自分ではなく家族へのお礼として何か考えなければならないのかなぁと思うこの頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

お茶とコーヒー

ちなみに私はタバコを吸いません。一部のマナーの悪い喫煙者のせいで私の中でのタバコのイメージはよくありません。またわたしの周辺でヘビースモーカーだった人たちが、かなりの高確率で肺を患っています(10人中6人が肺がんになり、2人が亡くなっています)。その他大勢の非喫煙者で肺を患った人はいないので、受動喫煙の影響はない様です(分煙とマナーがしっかりしている)。

一方で嗜好品と考えたときにはあまり制約を加えることには反対です。アンチに対して極力迷惑をかけないという前提で、嗜好を楽しむのはいいことです。私はお茶とコーヒーだけはこだわりがあります。もちろんマニアというほどではありませんし、近所のお茶屋さんやコーヒー豆やさんで売っているものを買ってくる程度ですが、これらの飲み物を飲んでいるときはやはり幸せな気持ちになります。

周囲に気配りしながら、趣味や嗜好を楽しみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

ストックを作るということ

ストックを作るということがとても大切であるということがわかりました。しかもそのストックを作り出すのは生産性を上げる必要があり、さらにいえば投入量をケチるのではなく収穫量を増やさなければならないということも理解できました。

収穫量が上がらなければ身の丈(収穫量)にあった投入量に減らさざるを得ない、という理屈も、緊急避難という意味合いでは理解できないわけではありません。しかし本当に日本の企業が繁栄し安定的に社会貢献していくためには、’三歩先を読み、二歩先を語り、一歩先を照らす、という視野を持って事にあたらなければならないと思います。そこには人々の知恵と情熱が必要になります。最近の成果主義や短期利益優先の考え方によりすっかりさめた組織ばかりになってしまいましたが、まだ熱いハートを持っている人々はたくさん残っているはずです。既存のパラダイムが崩壊し混乱している今だからこそ、みんなが力を合わせて流れを良い方向に変えていくことができるのではないでしょうか。

さぁみなさん、今日からはじめましょう。

うつむくのはやめて前を見よう!

もう一度ハートに火をつけよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

次の生産活動

一般的な企業では土地や労働は常に確保できていると仮定します。企業が存続し発展していくためには前の生産活動により今があり、今の生産活動により次がある、というストーリーを常に実現しなければなりません。ここで大切なのは昨日も勉強したとおり、今の生産活動から次の生産活動のためのストックを準備しなければならないということです。

ここでいうストックとは資本だけでなく、土地や労働においてもストックが生み出されなければならないと考えます。つまり資本ストックのみを考えると、土地や労働といった形あるものを犠牲にして資本ストックを確保することで目先を取り繕おうとする考えがでてくること危険性があります。とくに土地や労働の’質’は無形で非流動性のものであることが多いにもかかわらず、これらを資本ストックに変換することは、次の生産に向けた生産の三要素を失うリスクがあり、生産の永続性を失うことにつながるのではないか、と思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

生産の三要素

ここ最近何度も出てきている単語ですが、土地、労働、資本を合わせて生産の三要素といいます。土地や労働は分かりやすいですが、資本という単語の意味は多少厄介です。しかしここでの意味は「商売や事業をするのに必要なもとで」であり、過去の生産活動が生みだした生産物のストックを新たな生産に投入されていくことで、永続的に生産活動を続けていくことができます。逆の言い方をすれば、永続的に生産活動を続けていくためには生産の三要素を常の確保することが重要であり、次の生産活動を始めるためには今の生産活動からストックを用意しなければならないことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

体重の変化

2008/10/28  81.7kg (一念発起)

2008/11/ 1  80.3kg (4日で△1.4kg)

2008/11/ 4  79.9kg (3日で△0.4kg)

2008/11/13  79.5kg (9日で△0.4kg)

2008/11/23  79.5kg (10日で変化なし)

体重変化もサチュレートしている感じです。先週は出張ばかりで外食が多かったのが原因と思います。同行者がいるとつい食事のスピードが早くなってしまいます。また偏った食事メニューになるのも良くないのでしょう。人のペースに引き込まれず適量を食べるよう気をつけることにします。

目標 年内78kg  3月までに73kg

あと1ヶ月で1.5kg、3ヶ月で6.5kg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

収穫とは

収穫を増やす事を考える前に、まず収穫とは何かという定義付けをする必要があります。そもそも収穫という言葉は農作物を取り入れることが第一義でありますが、一方で「何かをしたことで得られた成果」という意味もあります(脱線しますが、’収穫逓減の法則=土地・労働・資本の投入から得られる収穫は、それらの投入量の増加に従って増えるが、その増え方は徐々に小さくなる’という法則もあります)。つまり、ここで大切なのは個々によって収穫の意味が異なるということに注目しなければなりません。たとえば農家の方が秋になって農産物を取り入れるのも収穫ですし、自分が努力して仕事がうまくいったら、やはりそれも収穫ということができます。

さて本題に戻りましょう。そもそも、ホワイトカラーの生産性とは何であろうかということを知るのが目的で始めた勉強ですから、ここでいう収穫とは「土地・労働・資本の投入により得られた成果」というのが定義としてはふさわしいものと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

生産性を上げるということ

今週は生産性ということについて調べてみました。言葉の意味は分かりましたが、それではどうしたら生産性が上がるのかということまでは分かりません。そもそも生産性が低い(もしくは高い)理由が明らかにならないと、生産性を向上させる対策はできないと考えられます。

そもそも生産性が投入したものと得られたもの(以下では便宜的に収穫という言葉に置き換えます)の比率で語られる以上、生産性の向上とは投入量を減らすか、収穫量を減らすか(もしくは両方のあわせ技)にならざるを得ないと思われます。現状では収穫量が増える見込みも薄いため投入量を減らすしかない、という考え方が支配的です。もちろん昨今の世界情勢を見ていればそういう考え方に傾いてしまうことは否定しません。でも、私たちが永続していくためには、収穫量を増やそうと努力し続けることが大切だと考えます。

どうしたら収穫量が増えるかを考えてみなければなりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

それにしても

それにしてもここ数日は寒かったですね。西日本でも雪が舞っていましたから。本格的な冬到来です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

だから生産性って何なの?

【生産要素】 生産を行うのに必要な要素。労働・土地・資本。

この単語については議論の余地はありませんね。さて、まとめると、

生産性とは経済的利益を伴う物資、財、サービス(人間の欲望を満たし、人間が支配・処分することのできるもの)をつくりだし、または採取・育成する活動のために投入された労働・土地・資本に対して、どの程度の物質、財、サービスが得られたかという指標、と理解することにします。

生産性が低い、ということは、投入したものが大きすぎるのか、得られたものが小さすぎるのか、ということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

生産過程(後)

昨日は内容が難しすぎました。難解な文章になればなるほど知識が身についた気がしてきますが、実はよく理解できていないことが多いです。自分自身が納得するまとめとして、

’生産過程’とは経済的利益を伴う物資、財、サービス(人間の欲望を満たし、人間が支配・処分することのできるもの)をつくりだし、または採取・育成する活動、と理解することにします。ここで言えるのは、経済的利益を伴わないものや支配・処分できないものは対象として不適切であり、つくりだすだけでなく採取・育成も活動に含めるべきである、ということです。また作り出されたものは人間の欲望を満たさなければなりません。

これでやっと’生産性’という単語の説明のうち’生産過程’の意味が分かりました。

【生産性】 生産過程に投入される生産要素が生産物の産出に貢献する程度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

生産過程(前)

【生産過程】 物質的財貨を生産する過程。資本主義社会では、労働過程と価値増殖過程との統一としてとらえられる。

さて、’生産’という言葉では比較的分かりやすい説明ができましたが、二つ目の単語でいきなりハードルが高くなってきました。分からない単語があれば調べる。調べれば調べるほど新たに分からないことが出てくる、という筋書き通りの展開( ̄ー ̄)ニヤリ

ビジネスでの話であれば、’物質的財貨を生産する過程’とは、「とくに経済的利益の観点から人間の欲望を満たし、人間が支配・処分できるものを生産すること」と解釈できるのではないでしょうか。【資本主義社会】【労働過程】【価値増殖過程】は後日調べることにします。

【物質的】

[形動]

物質としての性質・状態に関しているさま。「人間の―な側面」

精神よりも物質、特に経済的利益に関するさま。「―な援助はできない」

【財貨】

金銭と品物。財物。「―を蓄える」

_F361.gif2

【財】

財産。富。「巨額の―を築く」「―をなげうつ」「―を成す」

経済学で、人間の欲望を満たし、人間が支配・処分することのできるもの。有り余るほどあって売買の対象とならないものを自由財、欲望に比して希少性をもち、その獲得になんらかの努力を必要とし、売買の対象となるものを経済財という。財貨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

生産

分からないことがあれば調べる、調べれば調べるほど新たに分からないことが出てくる。それを繰り返すことで知識というものは形成されるのです。学問として勉強された方々から見れば、なんとくだらないことを調べているのだろうと思われるかもしれませんが。

【生産】

[名](スル)

生活に必要な物資などをつくりだすこと。「米を―する」「大量―」

人間が自然に働きかけ、財・サービスをつくりだし、または採取・育成する活動。

出産。しょうさん。

3はこの件に関係ないので除外すると、この単語から二つの事実が読み取れます。

①対象物には’物資’だけではなく’財’’サービス’があるということ。

②活動として’作る’だけでなく’採取’や’育成’も含まれること。

です。自分が明確に理解していたのは上記①だけでした。皆さんはいかがでしたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

まずは辞書で調べてみる

会社勤めをしていると、なじみがあるにもかかわらず意味の良く分からない(簡単に説明できない)単語に出会うことが多いです。そういう時になんとなく感覚で理解したつもりでいると、意味を取り違えていたり、誤解していたり、といった自分なりの言葉に置き換えて飲み込んでいることが多いです。私にとって’生産性’という単語も思考停止を招く言葉のひとつです。ちなみに辞書で調べてみると

【生産性】 生産過程に投入される生産要素が生産物の産出に貢献する程度。

とあります。ここですでに【生産】【生産過程】【生産要素】という単語が使われており、それぞれを理解していないとこの文章すら理解できないようになっています。まさに知の集積。知識のないところに知識は集まらないようにできているというか、物事の本質を極めるというのは大変なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

体重の変化

2008/10/28  81.7kg (一念発起)

2008/11/ 1  80.3kg (4日で△1.4kg)

2008/11/ 4  79.9kg (3日で△0.4kg)

2008/11/13  79.5kg (9日で△0.4kg)

目標 年内78kg  3月までに73kg

あと1ヶ月半で1.5kg、3ヶ月半で6.5kg!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ホワイトカラーの生産性

ビジネス雑誌を読んでいたら、日本のホワイトカラーは生産性が低いと書いてありました。確かに最近はどこへ行ってもそのような話を聞きますが、会社が事務間接部門を締め付ける体の良い理由付け程度の認識でした。私もこの辺りで思考停止して、「そうなんだぁ、ホワイトカラーは生産性が低いんだ」と思っていましたが、ふとしたギモン。そもそもホワイトカラーってどんな職種だ、とか、ブルーカラーの生産性はどうなのか、とか。そういえば一昔前にはメタルカラーなんていう表現もありましたね。それに生産性の定義も良く知らないし、なにをもって高い低いといっているのかも不勉強な私には理解しにくい表現であることは確か。

この辺が明らかにならないと、生産性を向上しようといったところで、何をどうやって、という行動にもつながりません。そもそも「生産性が低い」で終わらせている雑誌自体が、状況を改善しようというよりは、評論で終わらせてしまっていて、それこそ生産性が低いと思います。

おもしろそうな話なので勉強してみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

79.5

相変わらず一進一退ですが、とりあえず毎日同じ時間に体重を量ることにしています。食事の前後などである程度は体重変動すると思いますので、一喜一憂しても仕方ないですが、とりあえず減少傾向にあることは間違いありません。スピードは遅いですが、軽い運動と食事のスピードだけでの自然減です。79.5キロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

ビジネス環境

金融バブルの崩壊が原因なのか、単なるきっかけだったのか、どうも世の中の金回りが良くないように感じます。なぜ物が売れないのかといえば、消費者が買わないから、という当たり前すぎる答えが返ってきます。現代のように物事が細分化・専門化された市場だと気付きにくいのですが、この世の中は供給者=消費者という図式で回っていることが多いです。これは自分が作ったものを自分で使うという自給自足という意味ではなく、生産で得た対価を使って消費することで供給者も消費者も社会を構成する一員となるのです。物が売れないと考え込む前に、自分が買いたいか、買えるのか、ということを考えながら物作りを考えてみるのが良いでしょう。

逆に自分の都合、自社の都合から物事を考える会社は、遠くない将来に淘汰される運命が待っているといわざるを得ません。自分が消費者だったらどう思うか、これがキーワードになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

昨日

体調不良にて腹筋足踏をサボってしまったので、今日取り返そうとしましたが、やっぱり無理。一週間くらいかけて徐々に休んだ分をリカバーします。継続は力なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

久しぶりに

熱出しました。頭いたいです。

続きを読む "久しぶりに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

体に優しい食事

化学調味料を使わず、地元で取れた食材をメインに手をかけて作った料理をビュッフェ形式で食べさせてくれるレストランに行ってきました。地産地消で旬のものを食べていれば体にも地球にも優しいのは分かっているのですが、普段からこのような食生活を売るのは難しいです。だからそのレストランはいつも込んでいます。しかも若い人が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

筑紫哲也さん

筑紫哲也さんが亡くなったそうです。ご冥福をお祈りします。

テレビや新聞は伝える側の思いがこもる場合もあるし主義主張も混ざるので、何が正確であるかということを言うことは難しいと思います。自分がその場に居合わせたとして、それを誰かに伝えるときにはやはり自分の主観が入ると思います。であれば、価値観の多様性を認める人のほうが物事を多面から捉えた報道をできると思います。事象を伝えるという行為を通じて自分の自己主張をするのではなく、いろいろなものの見方で事象を伝えてくれたほうが、自分が物事を考えられるので助かります。自分にとってニュース23は物事を考えるヒントを与えてくれた面白い番組でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

よく物を噛んで食べると

よく噛んで物を食べるようになって、食後に胃が重く感じることもなくなりました。また食べる量自体も減ってきたような気がします。それでも満腹感が得られるのですから、如何にこれまで食べ過ぎていたのか、と反省。また食事の時間におなかがすくようになりました。これまではなんとなく時間だから、と食事していましたが、適量を口にするようになってからはそれぞれの食事がおいしく感じるようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

JALのブログパーツ

この記事の左側、JALブログパーツを設置しました。JALファンならおなじみの問題が並んでいます。当然私も全問正解(今のところ)。もう少しマニアックな骨のある問題を希望!JALと私の知恵比べ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

たまには地平線を見に

空から見る地上には国境線はない。

空から見る海面には領海と公海の区別はない。

地上と空の間に何千万、何億の人々が住んでいて、

それぞれが人生を精一杯生きている。

考え方や置かれた環境が違うから、

お互いがすべてを分かり合える日はこないかもしれない。

それでも、

せっかく同じ地球上に同時期に生きているのだから、

少しでも歩み寄れたらと思う。

たまには地平線を見に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

79.9

かなり細かい話になりますが、体重が79.9キロになりました。これを70キロ台といって良いかどうか考えましたが、体重測定の結果がこのような数字なので、大台を脱出できたと考えることにします。こうやって目標に対して努力し成果を実感するのは、たとえ100グラムであっても嬉しいものです。なんとなくズボンのおなか周りも余裕が出てきた感じですが、ベルトの穴が変わるほどではありません。

そして今日から腹筋50回と腿上げ100回に負荷を増やしました。この運動を始めて1週間たちずいぶん慣れてきましたが、これからも無理せず着実に続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

たまには

敢えてメールを見ない、という状況をこの休みに作りました。たとえ休暇中であってもメールやネット依存症というか、見ないと不安になってしまうビジネスパーソンが増えているそうです。自分が果たしてそのような状況になっているか試してみるために、メールを遮断してしまいました。(休暇中といえどもネット遮断は不可能。最近は何でもネット上でできる便利さがある一方で、逆に無しでは不便で仕方がない)
結果からいえば、平日に有給をとって作ったバケーション中といえど特に不安はありませんでした。仕事は同僚や部下がきちんとこなしてくれていると信じていますし、親兄弟の緊急事態は電話に、とお願いしてありましたので。

まぁ、明日からは悲惨な状況になっていることは想像に難くないですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

JAL

近距離国際線のJALに乗りました。機体は古いダッシュ400で、3クラスのシート配置ですが、運賃上の区分けは2クラス。従って一部のビジネスクラスはファーストクラスシート、一部のエコノミークラスはスカイラックスシートでした。めでたくスカイラックスをゲットしました。多少のくたびれ感は否めませんが、悟空で乗れたのは有難かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

80.3

最近体重の話ばかりだけど、健康は財産だからいいか。ということで、80.3キロになりました。運動の効果というよりも、食べるものに気をつけて(量や食べる速さ)生活し始めたことが効を奏していると思います。

引き続きこの調子で。(゚▽゚*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »