« 2006年11月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年2月27日 (火)

金のはなし

保有する金の25%を処分しました(といってもほんの僅かな量ですが)。1グラム当たり2755円。

金は株式などと違って急激なアップダウンが少なく、じっくり時間をかけて価格が動くといわれています。24時間世界中のどこかで取引されていることから世界情勢にも影響を受け、需給環境にも左右されます。さらにUSドル建て価格を日本円に換算するため、為替の影響も無視できません。

今日一部を売却した理由は、イランがウラン濃縮停止を拒否したという地政学リスクが金価格を押し上げたであろうという仮説によります。もちろんこういう場合にはUSドルも売られる傾向がありますが、今日のところは円安からの戻り待ちで思ったほどドル安(円高)にならなかったため、金価格の上昇+円安傾向が同時に成立したと考えました。明日以降、利益確定売りもでそうですのですが、この傾向はしばらく続きチャンスはまたやってくると思ったので、25%という中途半端な量の売却にとどめました。

先のことを予想するのは難しいことですが、実需・地政学リスク・円安により金の価格はじわりじわりと上昇していってくれることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

人からうらやまれるという事

同僚の誰もが敬遠し、できれば担当したくないと考えていた仕事を担当して半年以上が過ぎました。当初は周囲の誰もが「あーあ、かわいそうに。大変だね」と口にするような、悪い条件が重なった仕事内容。ユーザーは海外企業、競合は中国企業、おまけに社外の助けを得なければ先に進まない仕事。そんな仕事に対して、周囲のみんながやりがいを持って仕事に望めるように心を砕いてきました。人の話を良く聞き、人の気持ちを考え、精一杯自分のできることを日々実行してきました。まだ目覚しい成果は出ていませんが、確実にいえることはユーザーや社外の人々と信頼関係が醸成されてきたということです。昨日ある噂を耳にしました。あまりにも私の仕事が順調で楽しそうに見えるため一部の同僚から妬まれている、ある上司が仕事を取り上げようと画策している、などなど。

半年前には半ば同情と嘲笑の目で見られていた仕事を羨望の的に変えることができて、なおかつ人々との信頼関係が出てきたのですから私は満足しています。この仕事をうらやむ気持ちも理解できます。なにしろ楽しいのですから。ただしこの楽しさは、苦しいところから這い上がってきたからこそ得られる楽しさであることも忘れてもらっては困ります。

隣の芝が青く見えても、隣人をうらやんではいけません。自分の庭をどうやって青くするかを考え、毎日少しずつでも努力することで、きっとあなたの庭も素敵なものになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

強さと弱さ

世の中自分の知らないことも多いし得意ではないことも多い。そんな自分の弱い部分に直面すると、ついつい意地や見栄を張ってしまうことも。。その場はそれで終わったとしても、果たしてそれで自分自身が成長できたといえるでしょうか?人生を長い目で見たときに、なんとなく’もったいない’感じもします。

弱さを認めて正面から向き合い克服することで、弱さが強さに変わっていくのではないでしょうか。最初はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、そんな考えかたや生き方を実践したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

航空需要予測(旅客部門)

国内線:1億8900万人(2005)→2億1810万人(15%増)

国際線:5660万人(2005)→8160万人(44%増)

前提としてGDP1.7~2.0%、成田・羽田発着枠が拡大するという前提での数値(国土交通省・交通政策審議会航空分科会(2/1))。

まぁ戦後最長といわれるこの景気があと10年続くということと、25歳から39歳までの人口(予測)が3割弱減っても航空機を使う人は増えるということですね。空港を作る予算取りの資料なのかもしれませんが、なんとなく実感の伴わない数字です。多頻度運航になって利用者は便利になるかもしれませんが、多頻度運航のためには多くの機体が必要、飛行機飛ばすには必ず乗務員が必要、周辺をサポートするスタッフも必要なので、コストは増えると予想。一方、多頻度運航で競争激化したときに運賃が上昇するとも思えないので、航空会社の経営は厳しくなるかもしれませんね。そうなったときに大手航空会社がいたずらに規模を拡大するとも思えません。そうなるともともと多頻度を前提としているLCCにも勝機が出てくるか。

そういえば、JALがMD87で就航しているとある地方都市で、路線廃止の話になったときに約8万人分の反対署名が集まったそうです。一日1便で搭乗率約6割の路線ですけれど。要するに空港を作ったり路線を誘致したい人=乗客 とは言い切れないということですね。まさか利用したことがない人まで’この路線は重要です’なんていってないですよね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

そういえば

今年も年明けから全力疾走だったので、今年の目標を決めることを忘れていました。目標といっても大したことを決めるわけではありませんが、たまには自分と真剣に向き合ってみるのもいいことだと思います。

手帳に夢を書いたところでそう簡単に実現するわけもなく、日常生活が何か変わるわけでもありません。が、何もなく漫然と過ごすよりは長い人生を有意義に過ごすことができるかなぁと思って毎年手帳が新しくなる頃に目標を立てることにしています。

まぁ目標が達成できたとしても誰かが褒めてくれるわけでもなく、目標が達成できなかったとしても誰から責められることもありませんので、毎年のひそかな楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年7月 »