« とうとう | トップページ | SKYOBV(9/16) »

2005年9月17日 (土)

ANAフリート

先日ANAのA321に搭乗したくてどの路線に就航しているか探しました。200機近い全保有機の中で7機しかないので探すのも大変でしたが、それにしても機種数が多いですね。将来的には機種数の大幅削減で効率化を図ると思うので、今が一番多彩な時期なのかもしれません。グループ全体では

大型機 ボーイング747-400,-400D, -SR,-200,-200F,-SRF, ボーイング777-300,300ER,-200,-200ER

中型機 ボーイング767-300,-300ER,-300F,エアバスA321

小型機 ボーイング737-400,-500,エアバスA320,

プロペラ機 DHC-6,-8-Q300,-Q400,

大型機に関しては国際線において北米777化計画に従って747からのリプレースが行われているようです。双発の高効率だけでなく貨物スペースが大きいため、貨物需要が旺盛な路線ではそれだけで儲かるとも言われています。国内線においては伊丹乗り入れ問題もあり777の重要度は相対的に増しているといえます。将来的にどのような機材を選んでいくのかまだ明確ではありませんが、おそらく需要を見極めながら次世代大型機種選定をしていくことになると思います。中型機に関しては787へ、小型機に関しては737NGへシフト。プロペラ機はDHC-6の行方が気になりますね。いずれにしてもあっさりとした機種構成になることは間違いなく、効率的な機材運用という意味では良いのでしょうが、航空ファンとしてはやや物足りなさを感じる日々が来るのかもしれませんね。

|

« とうとう | トップページ | SKYOBV(9/16) »

コメント

JUBILEE777さん こんにちは anafanです。
やはりANAは747-400は退役方向なのですね。JALが違う判断をしているという先の情報(確定情報ではありませんが)との違いがとても興味深いですね。

投稿: anafan | 2005年9月18日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111095/5963716

この記事へのトラックバック一覧です: ANAフリート:

« とうとう | トップページ | SKYOBV(9/16) »