« エアバスA321で空の旅 | トップページ | セントレア »

2005年9月13日 (火)

コンパートメント感覚

全日空A321のシートアレンジは、通路を挟んで3人がけ普通席が35番まで(一部二人がけ)、195席です。

http://www.ana.co.jp/amu/fleet/a321/main.html

スカイビジョンと呼ばれるモニターが天井に何箇所か装備されており、エマージェンシーデモやビデオ放送などのときに「ウィーン、カチャ」と下りてきます。いまどき当たり前になったパーソナルモニタに比べるとやや物足りなさを感じますが、飛行中の時間つぶしには最適。これでナビゲーションマップでも表示してくれたらありがたいところです。私はリンク先のシートマップを参考に見易さを期待して7番目の席をリクエストしましたが、実際に搭乗したA321は頭上にスカイビジョンが配置されていました。おいおい。

ちなみに、9番目と10番目のシートの間には両側にラバトリーが配置されて、あたかも機内が二つのコンパートメントに分かれている感覚になります。個人的には周りを囲まれているほうが安心するタイプなので前方が好きです。

(つづく)

|

« エアバスA321で空の旅 | トップページ | セントレア »

コメント

エアバス321搭乗されたのですね。良かったですね。
自分は、名古屋ー沖縄線で以前搭乗しました。とても良い搭乗性だったと思います。

ところで、ANAはトリプル7を中心にラインアップということですが、JALはどうも747-400は長距離国際線とカーゴ便を中心に残す方針らしいという話を先日航空関連の方に聞きました。どうもエンジンが4発の方が広い洋上で安全だとの認識らしいです。確かANAは747-400は退役方向と聞いたことがあるのですが、このあたりの情報お持ちでしたらまた、ご教示お願いします。

投稿: anafan | 2005年9月15日 (木) 01時18分

確かにJALは747-400F、ANAは767-300Fを導入していましたね。ちょっと調べていますね。

投稿: JUBILEE777 | 2005年9月15日 (木) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111095/5923451

この記事へのトラックバック一覧です: コンパートメント感覚:

« エアバスA321で空の旅 | トップページ | セントレア »